【新米FP投資録】積立投資の利点

先日、2級ファイナンシャルプランナー技能検定の結果発表がありました。
結果は…「合格」!よかった!!
これからも皆さんのお役に立てるよう色々な知識を身につけていきたいと思っています。

さて、今回は「積立投資」についてお伝えします。
積立商品には、預金・財形貯蓄・投資信託・純金など
色々ありますが、どれも無理のない資金でとりあえず始められます。
「なんのため」「いつまでに」「いくら必要か」など明確な目標があると商品を選びやすくなります。

サラリーマンの方ですと、給与から自動的に積立金が差し引かれるような仕組作りをされると良いと思います。
積立金は最初からなかったものと思って生活する、これが出来ればいいですよね?

また、定額での積立投資には「ドルコスト平均法」が働くメリットがあります。耳慣れない言葉でしょうか!?
これは、毎月一定の金額ずつ購入することにより取得単価を平準化する、という投資手法です。
投資信託を例にしますと、基準価格が高い時にはあまり買えず、逆に安い時にはたくさん買える、ということです。
その結果、1口あたりの平均買付単価を低くすることができるんです。積立のおかげで高値掴みをしないで済むわけですね。