【FP久保倉のお客様訪問記】給付金請求

H様(70歳代・女性)から給付請求がありました。

H様は乳がんであることが分かり、これから治療を受けるという時に、私共の代理店にご連絡下さいました。
先日そのお手続き書類をお届けするためにH様とお会いしお話する機会がありました。

H様は

「主治医の先生が女性で、治療費のことも気兼ねなく聞けるのよ抗がん剤治療でがんを小さくしてから手術を受けます。」

と話してくださいました。
また、

「がんになってもすぐ死んだりしないよね?」

と私に問いかける心配そうなご主人を見て、

「家族の方が大変なのよ私も主人の立場だったら同じように心配だもの!」

と気使っていらっしいました。

H様は終始大きなはっきりした声でお話くださり

「がんに負けないぞ」

という前向きな気持ちがとても伝わってきました。
H様はきっと病気をのりこえられると確信し

「給付請求はもちろんのこと、何か私にできることがあればいたしますよ!ご連絡下さいね」

と申し上げ帰ってまいりました。