【FP若松BLOG】住宅ローン、頭金は多ければ多いほど良い?

住宅ローン 頭金

おはようございます、生命保険と住宅ローンFPの若松です。
住宅ローンを検討する際、多くの方がこのように考えます。
「借入額は少ない方が良いので頭金はなるべく多く入れたほうが良いですよね?」

 

YesでもありNoでもあります。

 

頭金を多く用意した方が借入額が少なくなり、その分支払利息が減りますのでそういう意味では多いに越したことはありません。
しかし一方で、手持ちの現金資産が500万円の方が400万円とか500万円を頭金とするのは少々危険です。病気やケガで入院したり、仕事が難しくなるなど、いざというときのためにある程度の現金は残しておくことが必要です。そういう時のために生命保険や医療保険があるわけですが、何があるかわからない以上、何にでも使える現金がもっとも安心です。

 

目安としては、月の生活費×6か月~1年分くらいの現金は最低限確保しておきたいですね。