【FP若松blog】献血

先日、クレストのメンバー3名で献血に行ってきました。
本当は定期的に 行こうと思っていたのですが全然行けてなく、誰かと一緒なら間違いないと思い
スタッフの梅村さん、久保倉さんの2名と一緒に(強制的に)行ってきました。

IMG_0478

献血には「全血献血」と「成分献血」がありますが、僕は毎回全血献血で、今回もそうでした。
理由は単純で、全血の方が早く終わるからです。大体15分くらいです
もう10回目くらいやってますが、 何度やってもあの「血を取られてる感」が慣れず。。。
成分献血は長い人だと90分くらいかかるようなので、恥ずかしながらチャレンジしたことがありません。

献血ルームに入り受付を済ませ、血圧を計ったあと医師の簡単な問診をして 採血をします。
この採血からしてちょっと嫌なわけですが。。。
で、献血本番。
採血とは逆の腕に針をプスッと刺され、しばらくすると機会が動き出してあの「血を取られてる感」がやってきます。
数分すると少し慣れるんですが、 腕には違和感を感じっぱなし。

僕は毎回マンガを読んで気を紛らわせてます。
ちなみに、梅村さんは音楽を聞いて、久保倉さんは音楽を聞きながら来週のCFP試験の勉強をして気を反らしてました。

こうして、やってみればあっという間の献血ですが、実際に行くまでには精神的に高ーいハードルがあります。
でも終わったあとは安心感と達成感と役に立った感でテンション上がります。
しかもただで血液検査もしてもらえるうえに、献血で失った分の血液を補おうと体が新鮮な血液を作るらしいので
一石三〜四鳥くらいある気がします。

次回の献血可能時期は9月。
でも梅村さんと久保倉さんは10月(女性の方が周期が長い)なので、その時に合わせようかな…。